2024年6月17日
アリアンツ・アレーナ
ルーマニア代表 3(1-0,2-0)0 ウクライナ代表
得点者/ルーマニア代表
ニコラエ・スタンチュ(29)
ラズバン・マリン(53)
デニス・ドラグシュ(57)


UEFA EURO2024のグループE第1節、ルーマニア代表とウクライナ代表の一戦。


前半29分、終始押されていたルーマニアが先制。ウクライナの最終ラインでのビルドアップでGKのルニンがパスミス。右サイドのマンがカットすると、最後はPAの外からスタンチュが豪快なミドルシュートを叩き込む。
FullSizeRender

前半は1-0で終了。


後半8分、ルーマニアが追加点。鋭いロングカウンターからマンのカットインはDFに対処される。しかしルーズになったこぼれ球にいち早く反応したラズバン・マリンが思い切って右足を振り抜くと、GKルニンの手をすり抜けてゴールネットを揺らす。
IMG_9038

後半12分、ルーマニアが更にリードを広げる。右サイドからのCKをスタンチュがショートコーナーで始める。マンがPA内にドリブルで切り込むと、最後はドラグシュが鋭いラストパスに合わせゲット。
IMG_9037

試合は3-0でFT。


ルーマニア代表が会心の勝利で白星スタート。黄色く染まったアリアンツ・アレーナで躍動した。
前半の立ち上がりは終始ウクライナがボールを握る。左サイドのムドリクの個人技で打開を図ったが、結局90分間ムドリクのドリブルでしか突破口を見出せなかった。また、守備陣はルニンのビルドアップのミスから先生を許すと、以降も鋭いルーマニアのカウンターに手を焼いた。
ルーマニアは直前の親善試合で2試合連続無得点。得点力不足が懸念されたが、カウンターとセットプレーから3得点。守備陣はドラグシンを中心に大会前から好調をキープしており、攻守の歯車が噛み合えば大会のダークホースにもなれる存在。


最後まで読んで頂きありがとうございました!